スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤーヤーヤー PCがウチに                  キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

CA61NB6C.jpg

CAXFXSY3.jpg

CIMG1256.jpg

szk君のお古のPC頂きました。あざーっす  

年代的、スペック的にはわしが前に使用していたオンボロノートPCと

実はそれほど異なるわけではありません。


しかし、デスクトップはやっぱり拡張性が違いますなぁ。早速カスタムカスタム・・・ウヒヒィ

まずは最新のグラフィックボードを入れて、デジタル接続対応に。

そして、メモリ1GBを追加・・・ウホッ


いいねいいねぇ、チューンドPC全然早いよ~。

無駄にパソコンに負荷とかかけちゃおっかなぁぁ~イエェェ



あとやっぱりノートに比べてデスクトップは冷却性がダンチですな。

ノートパソコン使っている人ならわかると思いますが

ネットとかしてるときにパソコンに負荷がかかると、爆音で「URRRRYYYY

「ウゥイイイイイィィィ」ってファンが回りだすでしょ?

パソコンあっつくなってくるでしょ?

あれって相当CPUの性能落ちてるって証拠なんです。



デスクトップパソコンの場合はケース内がすごく風通しがよく、CPUがちゃんと冷えるので

普通に使っている分には冷却性に過敏にならなくてもいいんですね。

だからCPUの性能のオチも酷いことにはならない!

前のパソコンとかかなり松岡修造ばりにヒートしてたからなぁ・・・


うーんもっとPC語りたし。


次回!windowsVISTAの功罪!!とか(笑)


スポンサーサイト

マイコーサイコー

我ながら死亡スレスレのタイトルですな。

みてきましたよ。This is It
b0168644_21591786.jpg

んがぁデカくなってしまった。


話題のこの映画ですが、正直見る前までは

ただのリハを切った貼ったの記録映像だろうと高をくくっていたわけです。

それがクリビツの出来!確かに切った張ったなんですが、一流の切った張ったです。

演出の妙ですな。

また、かなりリハに力を入れていて、本番とそんなに変わりはありません。

もともとのリハがもうすでに作品っていう。


確かに衣装は本番とは異なるし

途中で中断してのスタッフからの、もしくはマイコーからの指示などはありますが

リハの完成度は鬼です。


やはりマイコーのステージだけあって、スタッフがヤバイ。

映像監督、舞台監督、音楽監督、振付監督、ダンサー、コーラス隊、ミュージシャン・・・

素人の僕が見ても一流の中の一流の中の一流が集まってるんだなぁと感じました。


やっぱり目がいくのは、ミュージシャン。

・・・ちょwww楽器やってて自分サーセンて感じです。

マイコーが指示してないのにバッチリキメがあったり
(おそらくあれはマイコーの機微や振り付けを見てとっさに合わせてるんじゃないかな、そんな描写があった、マイコーが『君たちわかってるね』みたいな発言してたし)


また、こうしたらいんじゃないかな?的なサウンドのアレンジメントがメチャかっこよかったり

意味不明です。すごすぎ・・・

てかあれはもうインタープレイですね・・・ジャズかよ・・・

音楽はあそこまでいくと、もう音楽ジャンルの垣根なんか意味ないっすね


この映画、は音楽になにかしらの形でかかわっている人は、観て絶対損はありません。

自身を持ってオススメできますね。



というかあのステージはもはや言語化するのが面倒なほど多彩で、魅力にあふれています。

是非一度観てみてください。できれば映画館で見たほうがいいですよ。絶対!


にしても、マイコーの死は本当に悔やまれます。

本当の天才ってこういう人のことを言うんだなぁ・・・

しし座流星群

は見えません。なんか曇ってます。

外に出てボケーと上を見上げていたら

でかいくしゃみが二回ほど出たので

あきらめました。

それらしいものが見えたような気がしましたが

それはただ、目がチカチカしていただけでした。

おろろ・・・?

おろ?
CA202A9V.jpg









おろろ?
CAIL37UJ.jpg
































おろー!!!
CA47G0L8.jpg

↑のキーが吹っ飛びました。キーボードを拭いていたら

「パキィィンッ」と音を立てて宙を舞いました。衝撃でした。

えぇそりゃあもう美しい跳躍でした。キーボードのキーって舞うんですね。

名実ともにボロパソコンです。



なんとか直そうとしましたが、パーツがブチ折れていてオワタ式ですorz・・・

まぁ使えることは使えるのですが、↑のキーを押すときに

なんだかプニプニしたシリコンみたいなやつを押さねばならないので

そのたびに、底知れぬ不思議な感情が巻き起こります。




彼の終末はいよいよ近い気がします。
プロフィール

Mr.hige

Author:Mr.hige
四半世紀生きてます。。

アゲ系ベーシストです笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。